FAXDM ファインモード(高画質)1件5円で送信します

オフィスクリエイトFAXDM君
→ 原稿登録管理 → 送信先登録管理 → 送信指示 → 送信管理

顧客満足度No1

FAXDM無料会員登録

FAXDM会員ログインページ

0120021498

インターネットからFAX番号を収集「名簿君2」









→ FAXDM君お知らせ
2017/11/20
FAXDM原稿作成サービス始めました
只今キャンペーン中です。興味のある方はお電話かメールでご連絡下さい
2017/03/31
後払いのサービス名変更のお知らせ
4月より「FREX B2B後払い」の名称が「NP掛け払い」に変更になります
オフィスクリエイトリモートサポート
オフィスクリエイト リモートサポート

FAXDMで使えるクレジットカード

FAXDM送信原稿登録・管理

→ ログインページからログインしてください


FAXDM原稿について

原稿テンプレートダウンロード 原稿作成のポイントとコツ

→ 原稿はA4サイズ5MB以下(1ページ1MB以下)5ページ以下です。
 5MBを超えるファイルサイズの原稿は登録できません。
 容量が大きい場合アップロードに時間がかかる場合があります。
 グレートーンの面積が大きい場合は送信容量が大きくなります。
 容量が大きい場合はFAX受信側にも負荷がかかりますので
 ご注意下さい。

従来では送信できた「縮小して表示」を行いA4サイズにしている原稿は、 サイズが大きくなるため、FAXDM着信先のFAXを占有してクレームとなるケースがございました。
システム変更に伴い、クレーム軽減のため縮小してA4サイズにしている原稿については、登録・送信ができなくなっております。
お手数ですが再度A4サイズ原寸に修正、又は作成してのご利用をお願いしています。

→ 原稿サイズクレーム危険度について
1 問題ありません
2  原 因  タイムアウトやメモリーエラーの可能性があります
 対 策  カラーや中間色(グレー)をやめて、イラストを線画にすると改善されます
3  原 因  占有率が高く、クレームとなる可能性があります
 対 策  カラーや中間色(グレー)、写真・画像や背景をやめて、イラストを線画にすると改善されます
4  原 因  原稿容量が大きく、クレームとなります
 対 策  白黒を基本として原稿を作成しましょう
 原稿に写真やイラストを多用しても、つぶれたり、見にくくなって逆効果となる場合があります。
 原稿作成のポイントとコツをご参考に、FAXを受け取る側が不快にならない原稿作りを目指しましょう。

→ 原稿形式は「PDF形式」を推奨しています。
 Office2003以前のExcel(xls)形式やWord(doc)、PowerPoint(ppt)、形式でも原稿として登録できますが、
 A4サイズいっぱいを使っている場合は、最下部や最右部が次ページとして認識される場合があります。
 この場合はページ数が多めにカウントされる場合がありますので、ご注意ください。
 縮小してA4サイズにしている原稿は、登録・送信できない場合があります。
 PDF形式で登録・送信できない場合、AcrobatなどでPDFを開き「ファイル」の「プロパティ」「概要」から「ページサイズ」
 を確認してください。このページサイズが257×364mmを超えている場合は登録・送信指示ができません。
 原稿枚数が取得できなかった原稿は、テスト送信を行ってから本番送信を行ってください。
 原稿をOffice2003以降の形式で作られている場合は、pdf形式で保存するか、2003互換形式で保存して
 アップロードしてください。
 1度テスト送信が正常に送られると以降は正しいページ数が送信時に表示されます。

→ FAXDMの原稿フォントについては一般的なフォントを推奨しています。
 (パソコンに最初からインストールされている、MS(P)明朝orゴシック、Times New Romanなど)
 特殊なフォントを使用される場合は、PDFへのフォント埋め込みなどの作業が必要になる場合があります。
 Officeには簡単に特殊な効果を施すことができる機能が用意されていますが、それらは正しく処理できません。
 特殊なフォントなどを使用した原稿の場合も、必ずテスト送信を行ってから本番送信を行ってください。

→ 原稿ファイルの登録上限は30です。
 30を超えた登録はできません。古い原稿を削除して新しく登録してください。

→ 原稿のプレビュー表示は宛名印字「オフィスクリエイト 御中」が入った状態で表示されています。
 実際に送る際は「指定した宛名」あるいは「宛名なし」で送られます。
 原稿プレビューは実際に送信されるFAXDMの形となります。
 原稿プレビューが確認できるのは、原稿を登録してから3ヶ月です。